医院案内 治療の流れ 院長紹介 治療例 料金 リンク 連絡先

治療例

【成長期からの矯正治療のケースです】

この患者様は、骨格的な問題があり、受け口の傾向をもっておりました。
小学生の成長期に骨格的な問題を改善するため、上顎前方牽引装置を使用しました。
また、上顎歯列の幅が狭いため、歯の並ぶspaceが不足したため、上顎急速拡大 装置で
上顎骨の幅を拡大し、歯の並ぶspaceを確保しました。
これにより、歯を抜くことなく(非抜歯で)永久歯の咬合を確立することができました。

初診時の写真です

 

   
 

上顎急速拡大装置セット時の写真です

   
   

上顎急速拡大装置で拡大中の写真です

   
   

急速拡大装置撤去時の写真です

 
     

マルチブラケット装置による治療開始6ヶ月目の写真です

   
   

マルチブラケット装置撤去時の写真です

   
     

 

 

 
(C)2012-2014 Ginza Avenue Orthodontic office All right reserved.